テクニカル分析とは|インジケーターや指標などを種類別に解説

テクニカル分析とは一体なんなのか?その中身は大きくインジケーターや理論などの指標、チャート分析のフォーメーションなど、ある程度のカテゴリーに分類される。

この記事ではテクニカル分析で重要な要素を4つのカテゴリーに分類して、その内訳を詳しく紹介していくので、テクニカル分析をこれから知りたい、テクニカル分析の基本を知りたい方は是非参考にして欲しい。

目次

テクニカル分析基礎

テクニカル分析にはある程度の基本というものがある。ここでは目的やテクニカル分析の重要性などを紹介しているカテゴリーになるので、テクニカル分析の基礎知識を知りたい方は参考にして欲しい。

テクニカル分析指標(インジケーター)

テクニカル分析と言えばインジケーターがまず浮かんでくるだろう。このカテゴリーでは移動平均線やボリンジャーバンドなどの指標を紹介している。

テクニカル指標はトレンド系やオシレーター系などに分類されるが、フォボナッチなどの描写ツールもインジケーターとして紹介している。

基本的なものから多少マニアックなものまで紹介しているので参考にして欲しい。

トレンド系

オシレーター系

オブジェクト系・その他

テクニカル理論

テクニカルの理論的なものはエリオット波動やグランビルの法則など、それなりに多くある。このカテゴリーではテクニカル分析に関係のある定義的なものを紹介しているので参考にして欲しい。

ダウ理論

エリオット波動

グランビルの法則

上記以外のテクニカル理論

テクニカルチャート分析

チャート分析は、フォーメーションや値動きの規則性のようなものだ。有名なものではダブルトップやトリプルトップ、レンジブレイクなどがある。

このカテゴリーではテクニカル分析のチャート分析に関連のある情報を紹介している。

プライバシーポリシー・免責事項

目次
閉じる