【必見】勝てるトレードノートの書き方を徹底解説

テクニカル分析や分析手法を頑張って勉強して、それなりに知識も増えてきたのに何故かトレードで結果が出ない・・・このままの状態を継続させていても勝てる様になる現実が見えてこない・・・一体何をすればいいのか?自分には一体何が足りていないのか?

恐らくこのような悩みを抱えているトレーダーは非常に多いのではないだろうか?

分析や手法がある程度固まっていても勝てないのは「自己心理分析」が足りていない可能性が高い。トレードでいう自己心理分析で養われるスキルは「判断力・決断力」だ。

トレードで勝つにはテクニカル分析などの相場分析は確かに必要不可欠だ。しかし、実際に利益をとっていくには「エントリー」「決済」というアクションをできるだけ優位性のあるポイントで実行しなければならない。

トップトレーダーの手法を使っても何故か勝てないという話はよく聞く話ではないだろうか?それはなぜなのだろうか?それは優位性のある場所で実際にエントリーや決済ができていないというのが理由だ。

エントリーや決済が思ったところでできないのは人間が本来持っている心理が邪魔をしているのだ。トレードノートは本来持っている人間の心理、トレードで勝てない原因となる自分の心理を知り克服する為に使うものなのだ。

この記事では何年もかけて構築してきた正しい効果的なトレードノートの書き方を紹介する。この記事の内容を実践する事により、あなた個人の勝てない理由が見えてくると同時に、勝てるトレーダーになる為の大きな階段を登るキッカケになるだろう。

では今回のテーマであるトレードノートには一体どんな役割があり、何を書き記す必要があるのか?株式投資・FX問わず共通しているものなので、是非何度も読み返して実践して欲しい。

目次

まずはトレードノートの書き方の全体像を把握しよう

トレードノートの書き方を知るには書く必要のあるポイントを抑える必要がある。何が重要で何を克服する為に書くのか?といういわゆる目的だ。

そもそも勝てない原因が最初からわかっていれば苦労はない。トレードノートではまずエントリー前の計画から、エントリー、決済までの間にどのような心理状態があったのか?という部分を書いていく。つまり心の動きだ。

反省と方向性を延々と書いていくうちに、あることに気付き出す。それは「書いてある内容が毎回似たような内容になってくる」という事だ。

その内容こそがあなたの心理的な弱点であり、克服するべき心理状態なのだ。

弱点を克服するための書き方の全体像

トレードノートの目的は、自分の「心理的弱点を知る事」そして次に行うのが「弱点の克服」になる。弱点の克服にはどう言った書き方をしていったらいいのだろうか?

それは今までと同じ「反省とこれからの方向性」を延々とトレードノートに書いていく事だ。それでは意味がないのではないか?と思われるかもしれない。しかし、この反復こそが潜在意識を変える為に必要不可欠なプロセスなのだ。

潜在意識とは無意識の領域だ。人間本来の心理というのはこの無意識の心理によるものが圧倒的に大きい。無意識を変えることによって、意識的にブレることなくエントリーや決済ができるようになる。

潜在意識とトレーダー心理に関しては、下記の記事で詳しく説明しているので参考にして欲しい。

トレードノートの書き方でよくある間違いとは

これは非常に多いパターンだが、基本的にトレードノートとはどれだけの金額負けたとか勝ったとかの成績表をつけるものではない。

損益管理表や資金管理表というのもあるが、それは分析する要素、分析目的がトレードノートとは別の意味合いのものになってくるので、完全に切り離して考える必要がある。

先ほどもお話ししたように、トレードノートというのは自己心理分析だ。テクニカル分析の検証や資金管理のために使うものではない。

もし、他の目的があってノートやテンプレートを使用するなら、明確にノートを分けておいた方が懸命だろう。なぜなら多くの情報を書けば書くほど目的地があやふやになり、本当に克服しなければならない本質的な目的を見失うことになるからだ。

トレードノートは手書きが1番効率がいい

トレードノートの1番効率の良い書き方は手書きだ。そもそもPCのキーボードやスマートフォンでは書くとは言わないのだが・・・

一見PCなどを使用した方が効率が良いように思えるだろう。しかしそれは大きな落とし穴だ。潜在意識にダイレクトにインストールされやすいのは手書きになる。これは科学的にも証明されていることで、よもや最近では手書きの重要性が世界的に取り沙汰されている。

もちろんPCなどのキーボードを叩いてもいい。ただし効果が出るまでどれくらいの長い期間を費やさないといけないのかを考えるとゾッとする。

資金管理表やテクニカル分析の検証などだったら、PCやモバイル端末でも構わないだろう。ただしトレードノートは心理分析だ。常に優位性のあるものを選択しなければならないのはトレーダーの鉄則だ。

トレードノートの具体的な書き方「エントリー前」

トレードノートの内容

これまでのトレードノートの全体的な書き方を踏まえた上で、これから具体的な書き方を説明しよう。トレードノートで重要なポイントはエントリーや決済などの「行動」の検証だ。

その為には「行動を起こす前と起こした後」という風に大きく2つに分ける必要性がある。具体的にいうと「エントリーする前」と「エントリーした後」の2つだ。

なぜ分けるのか?という理由だが、エントリー前の分析というのは計画であり、心理的分析の必要性がない部分になる。エントリー直前から先というのはエントリー前の計画に対して心理的分析の重要な動きが見られる局面であることから、前と後で分ける、というのが理由になる。

それでは「エントリーする前」のトレードノートの書き方を説明していこう。

ファンダメンタル

トレードノートに取引する銘柄や日付などを記入したら、まずはファンダメンタルの要因を抑えておこう。相場はファンダメンタルがキッカケになって大きくトレンド変換したり、テクニカル的に節目の価格帯あたりでは、抜けていくかどうかをファンダメンタルをきっかけにして突破することも非常に多い。

相場が動きそうなファンダメンタルは、トレードノートに書いておこう。指標や決算発表、政策金利など前もってわかっている部分は時間や日にちなどを書いておくといいだろう。

もちろんファンダメンタルでどう動くかは分からないが、動く事を前提にした場合にリスク管理の意味合いもあり、ポジションの調整などを行う必要があるからだ。

他の監視銘柄の動向

株式投資であれば日経平均やNYダウなど、FXであれば他の通貨ペアなど、取引する銘柄以外の監視銘柄の動向をトレードノートに書いておこう。

書き方はシンプルでポイントのみで書いていこう。あまり難しく書いても書いてあるだけでなんの意味なのかわかりにくかったら意味がない。

「前夜NYダウ大幅下落、日経平均も下落する可能性がある為注意が必要」などその程度でいいだろう。他にも何かポイントとなるところがあったら書いておこう。

大きな時間足の流れ

トレードノートを使用するトレーダーの多くは、長くても1週間程度からデイトレードのような短期売買ではないだろうか?

そうなってくると大抵のトレーダーは日足や4時間足などの長期足からミドル足の流れを参考にして、ある程度の方向性を決めているのではないだろうか?

トレードノートには大きな時間足の方向性などを書いておくといいだろう。短期足にバイアスがかかりすぎると、ついつい大きな足の分析が頭から離れていまい、短期の値動きに振らされてしまうことがある。

テクニカル分析

テクニカル分析は個人トレーダーにとって、エントリーする場合に1番の根拠となるものだ。どこがどうなったらエントリーするのか?どこがどうなったら決済するのか?というのを書いておこう。

例えば、25MA・75MAが上向きで推移、上昇トレンドが継続中、価格がMAを下に抜けてきて、再度上昇したら買い。などそのような書き方でいいだろう。

手法に幾つかのインジケーターを使っている方なら、そのインジケーターがどのようになったら買うのか?売るのか?をインジケーターごとに書いておくといい。

コツとしては、できるだけ具体的かつシンプルに書くことだ。あまり複雑に書きすぎると、エントリーするときに迷いが生じやすくなるし、分かりずらい。

固めたい手法があるときは、毎回その手法を書いていこう。めんどくさいかもしれないが、毎日書く事で潜在意識にもインストールされやすくなる。

≫ テクニカル分析だけでは意味がない!?その理由と最強の取引システムとは

価格の節目

株式投資であれば「価格帯別出来高」で注意しておくべき価格帯のゾーンなどを書いておくといいだろう。FXなら直近のキリ番や節目、直近の高値・安値などを書いておこう。

価格の節目は相場の基本なので、是非書くようにしておこう。

今回のトレードで注意したいメンタル的要素

今までのトレード経験から、自分が弱い部分など、メンタル的に注意しておくことを書いておこう。これはトレード後のトレードノートに結びつく部分なので、出来るだけ最後の方に書いておいた方がいい。

トレード前の内容に関しては、実践している分析手法や、取引している銘柄などによっても千差万別になってくるので、自分のトレードスタイルに応じて注意すべきところを書き留めておくようにしよう。

以上がエントリー前に書いておいてもいい内容になる。これ以外の内容は基本的にトレードノートでは不要になるものがほとんどだが、どうしても記入しておきたいものがあれば出来るだけシンプルに書いておこう。

それでは決済後、トレード後のトレードノートの書き方を紹介しよう。

トレードノートの具体的な書き方「決済後」

トレード後に書かなくてはならない内容は次の3点が主となる。

  • 事前の分析やトレードの計画に対してどうだったか?(トレードの事前計画に対して)
  • 実際のトレードでの心理状況(トレードの最中)
  • 今後のトレードに対する方向性(トレードの今後)

これはトレード心理を分析する際に外せないポイントを大きく3つのカテゴリーに分けたものだ。簡単にいうと「過去・現在・未来」になる。

よくありがちなのは「トレードの反省点」といって、ただその項目だけしかないトレードノートだ。これでは意味がない。一連の取引ではエントリー時、エントリーした後、決済時など全く異なる心理状態になる。

自分のどこが弱いのか?自分の何を修正したいのか?これを炙り出さなければ勝ちトレーダーへの入り口は見えてこない。トレード後ではこの内容のものを毎回のように反復して潜在意識の中に落とし込んでいく事が最大の目的になる。ではひとつずつ詳しく見ていこう。

事前の分析やトレードの計画に対しての書き方

トレードや分析の計画というのは、テクニカル分析やインジケーターなどで、ここがこうなったらエントリーしようなどという計画に対して、予定通りエントリーや決済ができたか?という様な部分になる。

例えば、エントリーが計画よりも遅かった時は「何故遅くなったのか?」という心理的理由を書いていこう。他にもテクニカル的に理由がある時はその理由も書いていこう。

もちろんテクニカル分析以外にも、元々持っていたポジションを思った様に決済できていない場合なども当てはまる。

分かりやすくいうと、当初の予定が前もって分かっていたものに対し計画通りにいったのか?もし計画通りに行かなかったのは何故なのか?という部分について書いていくものとなる。

恐らくは毎回同じ失敗や、同じ内容を書いていく事となるだろう。何故ならば、そう簡単に自分のクセが無くなる事はないからだ。何かを克服するには「反復」が絶対条件になる。

検証というのは同じ内容に対してのものだ。検証する内容が毎回ブレるようであれば意味のないものとなってしまう。

実際のトレードでの心理状況の書き方

次の内容はポジションを持っている状態での自分の心理状態だ。これは非常に大切なものなので正直に書いていこう。例え意味のないと思うような内容でも構わない。毎回繰り返す事で、いつしか心理的欠点が自分の中に落とし込まれる事となる。

例をあげるとするなら、上昇すると思って買ったが、揉み合いが続き早く決済して逃げてしまいたくなった。しばらく静観していたが、耐えられず少し値段が下がったところで損切りしてしまった。その後価格は上昇していった。

など、ポジションを持っている状態での心理状態を書くといいだろう。

ポジションを持っている状態での心理というのは非常に大切であり、心理状態が大きく交錯する場面だといっても過言ではない。指値や逆指値を使ってチャートを見ないという方は、チャートを見ていない時の心理状態を書いておこう。これもまた分析するべき心理状態なのだ。

今後のトレードに対する方向性のついての書き方

エントリーから決済にかけて、これからどうしていったらいいのか?どうなりたいのか?というものを書いていこう。これは潜在意識の面でも大切になってくるもので、これからのトレードの方向性を必ずイメージしておこう。

もちろん、毎回同じ内容で構わない。自分の思っている事を素直に書く事が大切だ。

なぜ毎回同じ内容でもいいのか?それは毎回繰り返す事によって、自分の中に落とし込む事がトレードノートの目的のひとつだからだ。

キレイなノートをつける必要はない。毎回違う内容を書かなくても構わない。毎回のトレードの内容を踏まえた上で、これからどうしたいのか?というのは同じ反省を繰り返さない為に必要な事だ。

それでも人は繰り返す。繰り返した以上に前に進むための検証をする。反省→検証→実行→反省→検証→実行、この繰り返しが絶対的に必要なのだ。

過去チャートの検証ももちろん大切だ、しかし実際の取引に関して自分の心理状態を検証しない事には実際のトレードで勝つのは難しいだろう。

次出来なくても構わない。何回同じ内容を繰り返そうとも、今後の方向性、これからどうしていったらいいのか?どうなりたいのか?という事を書いていこう。

決済した後の値動きの検証も出来るだけしておこう

そして、必ずトレードノートで抑えておきたい重要な部分がある、それは「決済した後の値動き」の状況だ。

正直損切りした後に価格が戻ってきたチャートなど見たくはないだろう。利益確定した後にさらに価格が伸びていった状況も出来れば見たくないはずだ。

しかし、この決済した後の値動きというのは、これからのトレードスキルの上達に非常に大切な要素になってくる。決済した後の値動きを見たらメンタルがやられる・・・そういう意見もあるのは間違いない。

しかし、トレードノートの重要性はあくまでも自己心理、メンタルの部分だ。ここを乗り越えてこそ本当の意味でトレードノートが意味を成してくる。

決済後の値動きにフォーカスした情報はあまり見かけないが、これをやっていく事でトレードのスキルは飛躍的に向上する。トレードノートを活用して出来るだけ、決済後の値動きも検証してもらいたい。

トレードノート|まとめ

簡単に大衆の逆をしよう、などというが言うのは簡単だ。実際に常識に囚われないという事がどれだけ難しい事か、それはプロスペクト理論でいうリファレンスポイントという価値基準でも見て取れる。

自分の価格目線がどのように推移していったか?価格的基準に対してどれだけブレが少なかったか?など気づいた時はトレードノートに必ず記載するようにしておこう。リファレンスポイントについては下記リンクの記事を参考にして欲しい。

トレードノートは自己メンタルを強くしていく上で非常に優位性がある分析手法だと自負している。同時に継続して勝てるトレーダーになるために実際一番しんどいものかもしれない。

テクニカル分析で、どんなに分析能力が身についたとしても、エントリーから決済まで全ての判断と行動において判断力と決断力が付いてまわる。

トレーダーの多くが感じている「勝てないのはなぜだろう?」という疑問には、この自己心理分析の欠落が挙げられる。是非トレードノートを活用して自己心理分析という1番の強敵に立ち向かって欲しい。

目次
閉じる