テクニカル分析のみで稼ぎ続けることは可能なのか?

チャート分析をしていく中で、テクニカル分析だけでも優位性のあるトレードと、ファンダメンタル分析などを組み合わせて行った方が良いトレードと両方のトレードスタイルが存在する。

株式投資のようにファンダメンタルが重要視される投資もあれば、FXのようにファンダメンタルをほとんど使わなくても勝てる商品もある。

実際に私はFXのポンドドルをメインに取引しているが、ファンダメンタルは全くと良いほど気にしていない。むしろファンダメンタルを重要視して取引していた時期は全く勝てなかった時だ。

当然経済指標などで大きく動く可能性のある時間帯やタイミングなどは見ているが、それ以上の情報は素人以下と言っても過言ではない。

では何を見てトレードしているのか?それは当然テクニカル分析であり、チャートを見てトレードしているのである。テクニカル分析だけで勝ち続けることはできるというのが最初にお伝えする答えだ。

今回はテクニカル分析のみで稼ぎ続けることはできるのか?できるならばどういった理由でできるのか?について掘り下げてみよう。

目次

テクニカル分析のみで稼ぎ続けるトレードスタイルとは

当たり前の話だが、テクニカル分析のみで稼ぐにはファンダメンタルに一切依存せずに利益を上げていく必要性がある。

FXに関して言えば、現在進行系でテクニカル分析のみで利益をあげていく事は可能だといえる。それどころか、デイトレードなどでファンダメンタルを意識しすぎると逆に勝ちにくくなり、FXのデイトレードはテクニカル分析に依存していると言っても過言ではないだろう。

市場規模によってテクニカル分析のみで稼ぐのは難しくなる

FXに対し株式投資はFXと決定的に違うところがある。それは市場規模だ。テクニカル分析を利用する場合、インジケーターなどのテクニカル分析よりも大切なことがある。

それが値動きによるテクニカル分析であり、市場分析だ。マーケットの規模が大きい為替市場では価格の節目や値動きの特性により、テクニカル分析で多くの情報を知ることができる。当然ドル円やユーロドルなど取引高の多い通貨ペアに限ったことではある。

チャートによる分析は基本的に市場参加者が多いほど買いと売りのパワーバランスを見つけやすい。

必ず知っておかなければならないのは「買い手が多く買うから上がる」「売り手が多く売るから下がる」というシンプルな基本原則だ。

株式投資でテクニカル分析の他に必要なスキル

いくら景気が悪かろうが、マイナス要因が多かろうが買い手が多く買えば上がるし、売り手が買い手より多く売れば下がる。

もちろんこれは株式投資もFXも同じだが、株式投資は市場参加者の影響から、機関投資家などによりマーケットを揺さぶられる状況が頻繁に起こる。

これをチャート分析だけで回避するのは非常に困難であり、大口がこれからどのように動いていくのかを観察するスキルが必要になってくる。

株式投資はロスカットを仕掛けていたとしても、市場規模の関係で買う人間がいないから売る事ができないという事態がよく発生する。決算などの重要イベントは必ず押さえておかないと、もしストップ安などに引っかかった場合は逃げ場所がない

市場規模が小さければ小さいほど資金を多く持った参加者の影響がダイレクトに反映されてしまう。

テクニカル分析は遠い未来を予測するものではない

さらにテクニカル分析の決定的な性質について話していこう。テクニカル分析は長期的な視点で現在の流れを把握し、短期的な目線で相場判断をすると言ったものを基本として置いておかなければならない。ではくわしく説明していこう。

テクニカル分析は短期的に見る

テクニカル分析のトレードスタイルは長期・中期・短期と大きく3つに分けられる。

  • 長期=全体的な流れを把握する
  • 中期=記憶に残っている程度の相場の流れを分析する
  • 短期=現在の相場状況を把握する

基本的には短期トレードでもこの長期中期短期の値動きを分析してトレードの方向性を決めていくことになる。もちろん長期間になればなる程、テクニカル分析の判断材料は少なくなり、1度の損失が非常に大きなものになっていく。

中長期トレードはテクニカル分析のみで稼ぐのは厳しい

テクニカル分析チャート「MT5」

相場では長い期間になればなるほどテクニカル分析だけで継続的に勝つ事は厳しくなる。なぜならば1年後の自分を想像するより、明日の自分を想像する方がより簡単だからだ。

さらに長期間になればなるほど使用する時間足は長くなり、1回あたりの損失額と損失レートを大きく見積もっておかなければならなくなる。

トレードは絶対勝つものではない。だからこそ1回あたりの損失が大きくなるというのは非常に難しく、ポシジョンを持っている時間が長くなればなるほど、資金はリスクにさらされ続けることとなり、トレーダー自身のメンタルにも大きな影響を与えることになる。

中長期トレードは運による要素も大きい

これはどんなトレードでもそうだが、ポジションを長く持つということは、メンタル的な要素、ファンダメンタルな要素という影響は大きくなる。

そして、なにより中長期の取引では運による要素も非常に大きくなるなぜなら地震などの地政学リスクなど誰が予想できるだろうか?

その他にも予想のできない政治的要因など様々だ。そして、もし悪いファンダメンタル要因が出たからと言って、必ず相場は思惑通り下落するとは限らない。

それが人間の心理であって当たり前の感情である以上、ファンダメンタルに依存しすぎると、テクニカル分析というのはさらに効力を無くす事になる。

中長期トレードをテクニカル分析だけで勝てるほど甘くない

中長期のトレード、今回は数週間から1年以上という範囲を中長期と呼ばせてもらおう。それだけの長期間のポジション保有でテクニカル分析だけで勝てるほど相場は甘くない。

それはもちろん投資信託や外貨預金などの中長期投資ももちろん同じだ。もし、長期トレードで稼ぐ事ができたなら運がよかったと思わなくてはならない。

なぜなら長期間の相場を予測して必ず当てられる神様みたいな人間は存在していない。予想をしているアナリストや市場関係者は多くいるが、あくまでも予想であり、必ず当たるのならばアナリストの言う通りにトレードすれば皆んなが億万長者にならなければおかしいのだ。

テクニカル分析だけで稼ぐためには最強の分析ツールを選ぶ

当然テクニカル分析はチャート分析だ。テクニカル分析だけで稼ぐにはチャート分析をするためのプラットフォームは非常に重要なものとなる。

現在無料で使用できるプラットフォームでは「MT5」が世界トップの分析ツールであり、通貨ペアだけでなく仮想通貨やCFD、株式個別銘柄まで証券会社が提供している銘柄は全てに対応。ダイレクトできめ細かい分析環境は初心者から専業トレーダーまで多くのトレーダーが愛用している。

MT5のテクニカル分析チャート画面
画像は分析ツール「MT5」

MT5が使用できるFX証券会社リスト

まとめ

俗にいう「長期・分散・積立」という鉄則は全ての取引スタイルで成立するわけではない。この事は是非覚えておいてほしい。

テクニカル分析のみで稼ぐことはできる。

ただし、どのようなトレードスタイルで何を取引するのか?そして何よりテクニカル分析でどのような相場分析をしていくのか?によって変わってくる。

テクニカル分析と一概に言っても、インジケーターのシグナルだけで勝てるという話ではない。ロウソク足の値動きから何を読み取り、どのような分析を行うのか?

それはなにより重要な要素であり、取り組むべきところであることは間違いない。

目次
閉じる